Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです。

個人事業やフリーランスでの悩みの一つに集客があります。会社勤めのときには会社のネームバリューで集客できていたことも、個人になるとウソのように集客できないようになります。

そこで初めて個人の弱さを知るんですよね。でも大丈夫です。個人経営だから集客できないということはありません。

わたしはブログ集客をオススメしています。

それほどお金がかからなかったり、新しい情報が発信しやすかったり、編集や修正がしやすかったり、サイトに訪れた見込み客の動きが掴めたり、理由はさまざまです。

しかし、これからたった一つだけ理由をお伝えします。この理由は強烈ですから。

ブログを始めた人の9割は「続けられない」

「ブログ始めました!」と意気揚々に報告されることがよくあります。

お店などでもブログを開設しているのを見かけることがありますよね。「新製品の紹介」や「季節のイベント」など情報発信のツールとして活用されていることが多くあります。

しかし気づいたときには、ブログが更新されていない・・・。

10記事も書かずに終わっているブログって、実は世の中に腐るほどあります。個人的に始めたけど、続かなかったという人もおられるのではないでしょうか。

実はブログって続かないんです。

500文字くらいの記事でも、毎日続けるとなると何を書いていっていいのか分からない。

毎日が2日おきになり、5日おきになり、10日おきになり・・・。

はっきりいって、9割以上は続きません。

「じゃあ、なんでブログがオススメなの!?」
そりゃ、そう思いますよね。

ではお答えしていきましょう。

ブログが続けられたらどんどん集客できるようになります

ブログは簡単なようですが、なかなか続けることはできません。

しかし続けられるとしたら、かなりの少数派の仲間入りができるのです。

そうです、ブログを使えばあなたの地域になる競合店のなかくらいなら、1位になることだって難しくないのです。

わたしは過去記事「大塚家具から学ぶ個人事業やフリーランスのブログ集客の考え方」のなかで、ランチェスター経営についてお伝えしました。

弱者の戦略と呼ばれるもので、小さなところで1位を取ることから始めるというものです。その小さな範囲を少しずつ大きくしていくことで、その地域ではなくてはならないお店となるというものなのです。

ブログを続けられるということは、もうそれだけで弱者の戦略としては勝ったも同然です。その地域でのネット集客は入れ食い状態かもしれません。

まずは10記事を目標にスタートしよう

「今からブログを始めても遅いんじゃないの?」
「今更ブログなんて読む人いる?」

そんなことをいう人がいますけど、遅くありませんし、読む人はたくさんいます。やっぱり情報って大事なんですね。

例えば、何か欲しいものがあったときに、本当に買うべきかどうかネットで調べたりしますよね。個人ブログの口コミなんかを参考にして自分も購入するかどうか決めるということも少なくありません。

インターネットが普及した現代では、お店で直接物をみて購入するかどうか決めるという人は少なくなりました。お店に行くときには、もう購入するものを決めているのです。

だからいい情報をどんどん流してあげることは大事なのです。情報があふれている時代ですから、逆にいい情報は重宝されるものなのですから。

とはいえ、やはり毎日ブログを続けるとなるとやはり大変です。まずは10記事を目指してみましょう。

「たった10記事なんて・・・」

そんなふうに思う必要はありません。確かに10記事程度では、ブログ集客の威力はまったくありません。でも10記事程度でも続けることができないんですから。

10記事終わったら、次の20記事まで頑張ってみよう。その次は30記事まで頑張ろう・・・。

そんな感じで頑張って、100記事を目標にしてみましょう。それを超えたら、200記事、300記事。そこまでいくと、少しずつブログへの反応が見えてきますから。

まとめ~ブログ集客の基本は続けること

個人事業やフリーランスのスタートアップには広告費用などなかなか捻出できないということがあります。でも集客するためには、何かしていかねばなりません。

そんなときにオススメするのがブログです。すぐには結果がでないかもしれませんが、少しずつ積み重ねていくと、急にその効果を感じることができます。

ブログは資産になります。

広告なんて撒いたら終わりですよね。ブログはネット上に残りますから、いつまでも集客してくれます。

続けることができたら、成功への階段をのぼってますよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事