フリーランスになるのが不安な40代の方に~当時47歳のわたしは根拠のない自信があった
Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

わたしがフリーランスになったのは47歳。早くも3期目に突入しようとしています。少しずつですが収入も上がってきて、3期目はできれば法人化を目指したいと考えているところです。

現在40代でフリーランスの世界に飛びこみたいと考えるものの、なかなか不安が大きくて前に進めないという方もおられます。

その不安を乗り越えて、フリーランスとして活躍するにはどうすればいいのか、わたしの経験からお伝えしていきたいと思います。

こんな記事も参考になります。

47歳のわたしには根拠のない自信があった

わたしはどちらかというと「不安」がある間は、フリーランスになることをやめておいた方がいいのかなと感じています。不安ばっかりなら、行動ができなくなります。これはフリーランスで致命的ですね。

40歳を超えての起業はリスクが生じます。わたしはうまく収入に繋げることができましたが、みんなうまくいくなんてこともないでしょう。

実はわたしは30代の頃から起業は憧れていて、40代になったときから機会を伺っていました。

でもやはり不安でできなかったのです。周りのススメもありましたけどね。

でも今回はそのような不安はまったくなかったんですね。「できるだろう」と根拠のない自信がありました。

だから最初は収入が低くても、「絶対に良くなるはず」と考えることができたのです。

ではなぜ根拠のない自信を持つことができたのか、お話しましょう。

不安の根源は「収入」~収入の基盤を一つでも持っておく

40代でフリーランスになる不安の根源は「収入」ですね。恐らくはこの原因が9割は占めていると考えます。

「稼げるかどうか心配」「将来的な生活が不安」

みなさんの不安はここにあるかと思います。

フリーランスになるのであれば、絶対に収入の基盤を持っておくことをオススメします。

月10~20万円の収入を確保する、できれば20万円程度の収入ベースがあれば気持ちが楽ですよ、やはり。

ライターするにしても、エンジニアするにしても、アフィリエイトするにしても、何かしらの収入が20万円あるのであれば、自分が本当に打ち込みたい仕事ができますからね。

例えばアフィリエイトで稼ぎたいと思っていても、なかなか最初は思うように稼げません。だからライター収入を得て、残った時間でアフィリエイトをやればいいんですね。

正しい方向でやっていれば、きちんと結果はついてきますから。

こんな記事も参考にしてください。

まとめ

40代となると、

後がない

そう考えてしまうでしょうね。仮に今40歳なら、

「まだ今なら転職先も見つけられる。でも仮にフリーランスを3年続けて、ダメになってしまった場合、転職先がないのでは・・・」

そんな想いになってしまうのでしょう。

不安なうちはフリーランスはやめておいた方が良いと、わたしは思っています。サラリーマンがダメなわけではありませんしね。

だからサラリーマンのうちに収入のベースを作っておくことがいいんです。副業で月に10万円でも稼げるようにしておくと、それをフリーランスになったときにスライドさせることができますからね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事