Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

私は積極的にツイッターで情報を配信していますが、うまく活用すれば、ブログのアクセスをあげるなど集客効果を高めることができます。

ただ、ツイッターで発信できるのは140文字以内であるため、文章を作るのが難しいのも確かです。

いったい、どのようなコツを使えば、ツイッター用の文章をうまく作れるのかお伝えしてきましょう。

1、情報は1つに絞る

ツイッターの文章を考える前には、「伝えたいこと」を1つだけ考えてください。そして、それを伝えることに焦点を当てて、文章を作るべきでしょう。

140文字では、多くのことは伝えられません。そのため、伝えたいことを1つに絞ることが、大切になってくるのです。

わたしの経験では、情報を詰め込み過ぎると、「いいね」が少なくなる傾向にあることが分かります。

確かに、伝えたいことは、多くあるかもしれません。しかし、その場合は、伝えたいことごとに、ツイートをしていけばいいのです。

2、伝えたいことを最初に書く

ツイッターでもブログの記事でも同じですが『結論』を最初に書くことが前提です。

例えば、「半額セールを開催したこと」を伝えたくて、ツイッターで投稿する場合であればまず、

「半額セールを開催しました!」

と、最初に伝えたいことを書くようにしてください。

多くの人は、フォロワーのツイートを流し読みします。

そのため、ツイッターの文章においては、最初の段階で関心を得てもらわないと、その後の文章も読んでもらえないものなのです。

3、重要事項は【】に入れるなど、装飾を工夫する

ツイートを通して絶対に伝えたいことは、【】に入れたり、装飾をくわえるべきです。

例えば、「最大70%オフのセールをしていること」を、ツイートで絶対に伝えたいとします。

この場合は、

【最大70%オフ】○○セールを開催中!

といった感じに、ツイートをしてみてるといいでしょう。

こうすると、「最大70%オフ」の部分が目立ちますので、より多くの人の目に留まることになります。

まとめ~日頃から短文を意識しておく

私はほかのアカウントで「いいね」を多く獲得しているようなものがあれば、すかさず徹底的にマネしてパクリます。

徹底的にマネしてパクる=TMP

このように呼んでいます。

もちろんコピペはダメですよ。でも全体の構成やバズる記事の内容など参考になる部分はたくさんあるはず。

日頃から広告を確認するのもいいでしょう。

広告は、「短文でアピールをする媒体」です。

日頃から広告を確認し、「短文でどんな風にアピールをしているのか」を調査しておくと、ツイッターの文章作りに活かせるヒントと巡り合えることも多くあるのです。

おすすめのクラウドワーキングサービスまとめ


おすすめのクラウドワーキングサービスをまとめて記事にしてみました。

どこに登録すればいいのか、どこなら稼ぐことができるのか、詳しく解説しています。

こちらをクリックしてお読みください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事