【50代からの副業】中高年ならむしろネット副業がおすすめ!その理由を50歳Webライターが解説します
Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです

私は47歳でフリーランスとなり、今ではサラリーマン時代よりも稼げるようになりました。

現在は50歳ですが、世の中の50代サラリーマンはなかなか厳しい時代に突入しています。

このようにツイートしました。

2019年はリストラ退職者が1万人を超えたと。
2020年はそれを超える予想。
これからも中高年の雇用は厳しくなるんでしょう。そりゃ企業は若手主体にしていきたいでしょうから。
70歳までの雇用安定なんて、企業は避けたいでしょう。
中高年自身がしっかりと考えておかねばなりませんね。
https://twitter.com/toshiino107/status/1210007171649327105

雇用はいつ切られてもおかしくありません。

わたしが考える対応策としては次の3つ。

・40~50代ならネット副業が合っている
・自分で稼ぎだすスキルを持っていると最強
・すぐに収入を生み出せるWebライターがおすすめ

この理由についてお伝えします。

40~50代ならネット副業が合っている

わたしは40~50代ならむしろネット副業に取り組むほうが効率よく稼げるように感じます。

その理由について次のようにツイートしました。

現在の40~50代は比較的パソコンが得意な世代。
それほど詳しくなくても、ワード・エクセルの初歩くらいなら可能という人やブラインドタッチくらいはできるという人は多いでしょう。
なので中高年はむしろネット副業に適している年代だと考えます。
Webライターならすぐに収入を生み出せます。
https://twitter.com/toshiino107/status/1210368009287528448

今はスマホ時代なのでパソコンが使えない若者が増えているようです。

でも40~50代は比較的パソコンが得意な人が多いのではないでしょうか。

会社でパソコンに触れているという人であれば、ネット副業が効率よく稼ぐことができるように感じます。

ネット副業というと特別なスキルが必要のように感じるかもしれませんが、わたしのようにWebライターであれば文章能力だけがあればやっていけます。

会計している人であればエクセルも使えるでしょうし、簡単な会計帳簿の仕事もできるかもしれません。

クラウドワークスやランサーズなどには、そのような仕事が山のようにあふれかえっていますから、少しずつはじめてみてはいかがでしょう。

自分で稼ぎだすスキルを持っていると最強

自分の収入を守る手段として会社で仕事を頑張るということもいいとは思うんですが、やはり自分自身で稼ぎ出すスキルを持っておくと最強です。

次のようにツイートしています。

今後、中高年の雇用はどうなっていくか分かりません。
そのためネット副業で自分で稼ぎ出すスキルを持っておくことは自律するために最も大事なことのように感じます。
副業でバイトすることを否定はしませんが、せっかく持っているパソコンスキルを活かさないのはもったいない話です。
https://twitter.com/toshiino107/status/1210388723071733760
会社員が副業するというと、多くの人はWワークでアルバイトするようなイメージを持ちます。

でもそれでは結局のところ時間の切り売りでしかなく、会社がもし自分をリストラしたような場合に役に立つものではありません。

やはりその金額が月3万円であっても、5万円であっても自分で稼ぐ力を持っているというのはとても安心できるものになるでしょう。

またアルバイトをしたところで、せいぜい時給1000円程度ではないでしょうか。

ネット副業はもっと効率よく稼ぐことができますから、慣れてくるとアルバイトする時間がとても馬鹿らしく感じるようになります。

ツイッターでもお伝えしている通り、パソコンが使えるなら、そのパソコン経験を活かしてネットビジネスを始めることをおすすめします。

すぐに収入を生み出せるWebライターがおすすめ

40~50代の人であれば、Webライターをやればすぐに稼ぐことができるようになります。

副業だけでも2~3か月ほど取り組めば数万円~10万円程度まで稼ぐことができるようになります。

次のようにツイートしています。

50代が副業でWebライターするメリットは、収入をすぐに生み出すことができるということ。
まずは月に3万円でも5万円でも、自分の手で稼ぐという感覚を身につけることが大事。
そのためにはそれまでの経験を活かすことができるWebライターの稼ぎ方は魅力的だと感じる。
https://twitter.com/toshiino107/status/1210418621500944384
Webライターはインターネットでの記事を書く仕事で、特別な執筆スキルが必要なわけではありません。

ある程度、分かりやすいビジネス文書が書ける人であれば、誰にでもできる仕事なのです。

例えば会社で文書を作成しているとか、日々記録を採っているとか、といった人であればパソコンで文書を作成するくらい難しいものではないでしょう。

Webライターに求められるスキルはその程度のものですから、それほど難しいものではありません。

過去にも関連した記事を書いていますので、あわせて読んでみてください。

まとめ

50代からの副業ならむしろネット副業することをおすすめします。その理由を50歳Webライターが解説しました。

ポイントとして次の3つ。

・40~50代ならネット副業が合っている
・自分で稼ぎだすスキルを持っていると最強
・すぐに収入を生み出せるWebライターがおすすめ

2020年はさらに中高年の雇用は厳しくなることが予想されています。

あなたの会社は大丈夫ですか?

分かりませんよね。

ならば自分で稼ぐスキルを持っておきましょう。

会社はあなたを守ってくれませんから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事