Pocket

サイトはすべて「Search Console」に登録して、アクセス状況やキーワード流入の状況などを確認するようにしています。

ところが先日ふと見てみると、サイトマップにエラーが出ています。
「サイトマップがHTMLです」


なにこれ。
まずどういう意味なのか良く分かりません。

とはいえ、サイトマップってSEOにとって重要だといわれますから、すぐに対処せねばなりません。そんなわけで同じ症状を持っておられる方のために、どのように修正したのか記しておきます。

サイトマップ自動通知プラグイン「Google XML Sitemaps」

もしも活用していない人がおられるのでしたら、このプラグイン「Google XML Sitemaps」は活用すべきですね。このプラグイン、サイトマップを更新したら、自動で検索エンジンに通知するようになっています。

サイトに来られた人が見るためのサイトマップではなく、あくまでGoogleni通知するためのプラグインです。そのため私は、サイトマップの自動構築プラグイン「PS Auto Sitemap」も入れています。このプラグインではこのようなサイトマップを作製することが可能です。

この2つは、ワードプレスを活用する多くの人が利用しているプラグインであるといえるでしょう。

このプラグインの設定方法については、別の記事で説明させて頂きますね。

「Google XML Sitemaps」Ver4.0から仕様が変更になった

さて今回のSearch Consoleでのエラーはどうやら「Google XML Sitemaps」によるもの。ただしまったく分からないので、何が原因か調べてみました。

いくつかのサイトを調べてみると、バージョンが現在のものにアップデートされてからエラーが出るようになったとの記事を多く見つける事ができました。そのためバージョンを下げるということが解決方法という記事を見つけました。

確かにスマホでも何でもバージョンアップした時には不具合がつきもの。バージョンを下げるしかないのか、と思いながらもう少し調べると、いくつかの記述を見つけました。

Search Consoleに登録しているサイトマップのURLをつぎのように変更するとうまくいきました!
「ブログURL/sitemap.xml」→「ブログURL/index.php?xml_sitemap=params=」
きちんとサイトマップが表示されるのか試してみましたが、問題なく表示されています。

Search Consoleに再登録後


Search Consoleに登録しなおして、1日様子をみて確認すると、きちんと登録されていました。ちなみに新しいサイトマップレポートで表示するとこのようになります。

まとめ

たまたまSearch Consoleをチェックしているときに見つけましたが、うっかり見逃してしまうと、知らない間にサイトに大きな影響を与えてしまうことがあるかもしれません。

たまには様子を見ておいたほうが良さそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事