Pocket

「ココナラでサービスを販売しているけど売れない!」
そんな悩みを持っている人は少なくないと思います。

月20万円を稼ぎ続けるために必要な考え方をお伝えします。

ここでは、商品やサービスの質を磨くのと同時に、必ず取り組むべき戦略をお教えします。わたしが常に行っていることであるために、すでに実践済みなのです。

ある意味、これからお伝えする戦略についてはごくごく当たり前のことかもしれません。しかし現時点においては、これらの取り組みをしている方はハッキリ言って少ない。

そのためかなり効果的な戦略となるのは間違いありません。

スポンサーリンク

ココナラでプロ認定を受けるまで

わたしがココナラで営業を開始したのは2017年12月の途中でした。
あなたと同じようにサービスの販路を拡大するために利用したのです。

当時もすでに利用している人は多く、いわゆるライバルたちも数多くサービス提供されていました。

しかしわたしは独自で掴んだ、集客法をもとにして、

2か月目には「ライティング部門」においてランクイン、
3か月目には「ライティング部門1位」

を獲得することができました。

それからまもなくしてプラチナランクに認定され、
その後すぐにPRO認定を受けるに至っています。

現在は、ライティングだけではなく、さまざまなサービスを出品するようになりましたが、ココナラのライティングだけで月に40万円程度の売り上げを確保することができています。

「ライティングのセンスがあるからでしょ・・・」
「いのきさんだからできたのでしょ!」

とおっしゃる方がおられますが、そうではありません。

もちろんサービスの質を担保するために、勉強は続けています。

しかしこれはサービスを提供するうえで当たり前だと思いますし、みなさんもその道では専門家でしょう。かなり勉強や努力を積まれてきたものだと思っています。

月に20万円の売り上げにこだわる必要性

わたしは今、ブログ集客コンサルタントとしても活動し、実店舗などのコンサルタントも行っています。

そのなかで、金銭面において四苦八苦して運営されている店舗もありますが、まず自分自身の給料として「20万円」確保することにこだわる必要があるとお伝えしています。

というのも、わたしが逆にコンサルを受けている会計士さんがおられるのですが、その会計士さんいわく、フリーランスや個人事業で月20万円(年間240万円)以上の売上を上げている人が全体の10%だというのです。

ものすごく少ない印象がありますが、会計士さんは、

「月20万円の収入があると、とりあえず事業を続けていくことができる」
「そこから頑張れば、上を目指すことは十分に可能」
「逆に20万円を切ると、撤退の可能性がある」

とおっしゃるのです。

確かに20万円あれば個人事業やフリーランスにとって、事業を継続していくことができます。就職などを考えなくてもとりあえず事業に集中して頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

もちろんココナラには副業として取り組んでいる人もおられると思いますが、20万円という数字があれば、かなり大きい副収入になることは間違いないでしょう。

そんなところから、「月20万円稼ぐ」には意味があるのです。

ココナラで稼いできた「9つのステップ」とは

わたしは、ココナラで稼ぎ続けるために取ってきた戦略が「9つ」あります。とても単純なことではありますが、この単純なことができていない人が多いのに気がつきましたので、かなり大きな戦略となりました。

ただしあなたにお伝えしていきたいことがあります。

それは
「20万円稼ぎ続けることは楽ではない」
ということです。

この9つのステップは「ほったらかしで月20万円稼ぐノウハウ」ではないということです。集客するための戦略にですから、これから本格的に取り組まなければならない戦略でもあるということです。

ステップを取り組むには手間もかかりますし、時間を要することもあります。しかしその努力の先に、明るい未来が待っていることは間違いありません。

「3ヶ月以内にココナラで月20万円稼ぐ9つのステップ」を公開します

この「9つのステップ」については、ココナラで稼ぐためのかなり具体的な戦略です。

この9つのステップをレポートにまとめました。無駄な記事などまったくない、約20000文字のレポートです。
こちらからご購入が可能です。

ココナラで月20万稼ぐ具体的な9つの方法を教えます PRO認定を受けるために私が行ってきた9つのステップ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事