Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

毎日記事が書けない、という人のために、わたしが日頃行っている方法をお伝えしていきます。


まあ、このツイートに書いている通り、それほど難しい技術ではありませんし、キーワード選定などはもちろんしますが、基本的には「毎日書くようにしているだけ」といえます。

スポンサーリンク

記事ネタを考えることを習慣化してしまうコツ

パソコンに向かって「さあ、記事を書こう」と思っても記事のネタなんて思いつきません。

わたしは次のツイート通り、常に記事のネタを考えています。


わたしの記事にする流れは、「ブロガーさんなどのツイッター」「参考になるブログやサイトの調査」「キーワードの調査」などを行ったのちに、ツイッターにどんどんアウトプットしていく形になります。

そして考えをまとめて記事にしているのです。

まずは10日(もしくは10記事)を目標にする

記事を書くためには、「良い記事を書こう」なんて思わずに、どんどんアウトプットしていくべきだと考えています。

アウトプットしながら、自分の考えをまとめていく方が効率が良いからです。

アウトプットし続けていると、それが自分自身の記事に対する習慣化となります。まずは10日でも10記事でも「続けることを目標にする」のがいいでしょうね。


習慣化は最強である

記事を書くということを習慣化すれば、もう何も怖いことはありません。あなたには、「記事を書く」ということが標準となっているからです。


習慣化すれば、もう最強といえるでしょう。あとは積み重ねていくだけで、アクセスが集まったり、コンバージョンが高まったり、結果が付いてきますからね。

まとめ~常にインプットとアウトプットを意識しておく

記事のネタにするインプットは、常に意識しておくと「あれ、これ記事にできるな」と思うことが日常的にもあるものです。


新聞でも、書籍でも、ツイッターでも、ブログでも、家族の会話でも、ネタにできそうなことはゴロゴロ転がっています。

インプットとアウトプットはどれだけ意識するのか、それだけしかありません。多くの人は意識していないから、インプットもアウトプットもできないのです。

記事を書き続ける覚悟があるのなら、それくらいの意識を持って記事を書き続けるようにしなければなりません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事