47歳でフリーランスになった私が稼ぐためにしてきた7つのポイント
Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

わたしは47歳という、とても微妙な年齢で フリーランスになりました(笑)。

周りのみんなの意見は、
「やめておいた方がいい」
というものばかりでした。

「やってみたら」っていったのは妻だけでしたね(いま思えばスゴイな)。

でも現在は当時の収入の約3倍となりました。

世の中の中年の人に言いたいんです。
「フリーランスとして稼ぎ続けるのは 決して難しくないよ」って。

粘り強く取り組めば、サラリーマン時代くらいの収入なんて、正直すぐですからね。

40代でフリーランスとして稼ぐために私がしてきた7つのポイント

✔️本を読む
✔️学んだことを疑うことなく実践する
✔️結果が出なくても諦めない
✔️成功者に学ぶ
✔️良いものは真似る
✔️徹底的に調査する
✔️日々ストレスをためないようにする

やっぱり勉強することや、ライバルの調査は必要ですね。

稼ぐための勉強は当然として、実際に稼いでいる人がどのような工夫をしているのか、調査することの大切さは痛感しています。

成功している人をマネちゃうのが早いですね。コピペはダメですよ(笑)。でもTMPっていうじゃないですか(徹底的にマネしてパくる)。

この7つのポイントをぶれずに行えば、きっと結果はついてくるはずだと信じています。

悩むくらいなら行動した方がいい

「これをやりたい」
「こんなことがしたい」
そう思うのならすぐに行動したほうがいい。

これはフリーランスになった私が一番思うことです。悩むくらいなら、やってしまって悩む方がいいですよ、絶対に。

確かに収入面など不安はある。でも行動し続ければ、そんな不安は吹っ飛んでしまいます。

もしもフリーランスで収入がうまくついてこないのであれば、バイトしてもいいじゃないですか。何とかなるもんですよ。わたしも何とかなってますもん。

実際にその状況になってみれば、智恵が湧いてくるもんです。何とかしなきゃ、食べていけないですからね。

40代で仕事に悩んでいる人に~フリーランスでも大丈夫です

フリーランスになって、どんな人でも稼ぐことができるわけではないですが、上記の7つのポイントを守って行動できるなら稼ぐことは可能です。

40代でしたら、まだまだ新しい分野にチャレンジすることも大丈夫です。

WEBライターでもプログラマーでも、2か月ほど勉強すればフリーランスとして稼げます。向き不向きはあると思いますが、コツコツと積み重ねることができるならば、サラリーマン時代よりも稼げますよ。

わたしの知っているWEBライターさんは、70歳近くですが月70万円ほど稼いでいらっしゃいますしね。もちろん未経験でのチャレンジでしたよ。

ようはやる気と根気。これだけでいいんです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事