Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです。

先日、「フリーライターでの副業をオススメしない3つの理由」という記事を公開して、フリーライターは副業にはオススメできない仕事であることをお伝えしました。

しかしここでは会社勤めが「もういやだー」って人に向けて、すぐに食べていくことができますよって内容をお伝えします。

実際、私はWEBライターとして活動し始めて、すぐに月20万円を超える収入を獲得することができました。

フリーライターは本当に食べていけるのか

インターネットで実際にフリーライターやWEBライターとして活動している人の情報をみると、「稼げるよ」って人と「まったく稼げない」って人にはっきりと分かれます。

私自身は「稼げる派」なのですが、食べていくために必要な資金ぐらい稼ぐことはそれほど難しくありません。

もちろん楽な仕事ではないですよ。毎日、コツコツと記事を執筆していくのは、楽そうに思うかもしれませんが、嫌になってくることも当然あります。

記事の執筆スキルも上げていく必要がありますし、やらねばならないことはたくさんあります。

でも「月に20万円稼げるの?」と聞かれれば、しっかりと「稼げるよ」とお答えすることが可能です。


まずは20万円を目標に

20万円で生活資金が足りるかというと、十分という人もいればそうでない人もおられるでしょう。

私は2人の中学生の子供もおりますので、はっきりいって20万円では生活していけません。でも、始めた当初は20万円を目標に頑張りました。

最初は20万円稼ぐこともなかなか大変です。1文字単価1円だとしたら、20万文字執筆しなければなりません。

といっても。月に20日稼働するとしたら一日1万円です。1万文字くらい一日あれば十分に執筆することはできますから、それほど難しくはないというのはそれが根拠になっているのです。


フリーライターは会社勤めに疲れた人に最適

フリーライターは、先日もお伝えした通り、副業には向いていないと私は思っています。

しかし「会社勤めが嫌だ」「独立起業したい」という人であれば、オススメしたい仕事です。

仮にフリーライターではなく、別の仕事をするとしても、収入の基盤ができます。

副業でフリーライターするには、依頼主とのやり取りが難しいので執筆時間があるとしても、なかなか思うように仕事が進められないのではないかと思うのですが、会社を辞めてしまった人であれば問題になりません。

まとめ~月収20万円はフリーランスの上位10%

月収20万円という収入の根拠は、ぎりぎり生活するための資金になると考えていることもありますが、フリーランスや個人事業を営んでいる人の収入の上位10%に位置しているギリギリラインであることが分かっています。

独立起業を成功させようと思うのならば、まずこの「月収20万円」の壁を突破しなければなりません。

たかが20万円と思うかもしれませんが、株式会社が10年間生き残るのは10社に1社であるといわれています。残りは倒産です。

ぜひ次の記事を参考にして、フリーライターに真剣に取り組んでみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事