ビジョンを明確にしてインプットするとアウトプットできる
Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

WEBライティングで主な収入を稼ぎ、現在は3期目です。サラリーマン時代の3倍の収入を稼げるようになりました。

先日、インプットとアウトプットについてこのようなツイートをしています。

当たり前のことだけど、どれだけ良い情報商材を購入しても、良書を読み尽くしても実践しなければ効果は出ません。

でも実際はインプットの割合が多い人がほとんどですよね。

あんまり情報を求めすぎてもダメだと思うんですね。

どれが良いのかわからなくなりませんか?

信じたらやってみる。

これです。

https://twitter.com/toshiino107/status/1189713868450226176

私もかつてはそうだったんですが、インプットの割合が多くなりませんか?

というかむしろアウトプットしていない(笑)

やっぱりこれでは結果でないですよね。

アウトプットとインプットのベストな割合

アウトプット大全(樺沢紫苑著)によりますと、アウトプットとインプットのベストな割合は『3:7』。

勉強の効果がもっとも高いものがこの比率になるという研究データがあるのです。

でも多くの人はこの反対、『7:3』になっています。

これはアウトプットをもっともっと多くする必要があると樺沢先生はおっしゃってます。

確かに私たちって、本とか読んで勉強しても、それで満足してしまうことがありますよね。

「あ~いいことが書いてあった」ともう成功したかのように錯覚してしまうんです。

ビジョンを明確にしてインプットするとアウトプットできる

私の経験では、ビジョンを明確にしてインプットすると、アウトプットを意識的にできるようになります。

私は本をよく読みますし、情報商材もたまに購入します。

それは「こうなる」というビジョンを持ってインプットしているので、そのビジョンに向かうためにはアウトプットする必要があるのです。

ビジョンは、「長期的にこうなっていく」という計画のこと。

私はこのビジョンを明確にするために、ノートに書いて毎日確認するようにしています。

またビジョンを達成するために、毎月の計画、年間の計画も立てています。

そのビジョンを達成するために必要なことを、本や情報商材でインプットしていくのです。

ここまで明確にしておくと、アウトプットできるようになるのです。

ビジョンを達成するためにはアウトプットが必要です

「こうなりたい」という夢ではなく、「こうなる」というビジョンを明確にしておけば、達成するためにアウトプットが必要となります。

意識的にアウトプットしようとしてもなかなかできませんが、必要に迫られればアウトプットはできるようになります。

私がそうでしたからね。

まずなりたい自分をはっきりとさせませんか。

自然にアウトプットできるようになりますし、効果的なインプットができるようになりますから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事