Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです(@toshiino107)。

わたしは数あるソーシャルワーキングサービスの中で、「ココナラ」を利用することをオススメしています。

なんと言っても依頼者数が多く、出品者数も多いですが稼ぐことはまだまだできますからね。

とはいえ努力もなしに売り上げを維持することはできませんし、「稼げない」という人が言うようにデメリットも存在します。

わたしはココナラで稼ぎ続けている一人として、さまざまな情報を発信していますが、ココナラで稼ぎ続けるために必要な情報をここで「まとめ記事」としてご紹介いたします。

スポンサーリンク

わたしが「ココナラ」をオススメする理由~クラウドワークス・ランサーズよりもココナラをオススメできる人はこんな人

わたしはクラウドワークスも利用していましたが、今は利用しなくなりました。

それはココナラがクラウドワークスよりも優れているというものではなく、わたしの性格的にココナラが向いていると考えているからです。

ココナラは自分自身のサービスを出品し、依頼を受けるというスタイル。つまりネット上にあるモールに自分のお店を構えるようなイメージになります。

クラウドワークスやランサーズは、登録されているお仕事に、自分自身が依頼して仕事を受けるスタイル。これは転職サイトに登録されているバイトに登録するようなイメージになります。

わたしは現在フリーランスとして活動しており、基本的に依頼を受けて仕事をしているものですから、自分で仕事を探して依頼するクラウドワークスやランサーズのようなスタイルは苦手なのです。

ココナラは独立開業するような形になりますから、これから独立しようとしている人であれば集客の勉強になりますからぜひ出品してみるといいと考えています。

クラウドワークスやランサーズは仕事をいち早く見つけることができるために、サラリーマンの副業やフリーランスで依頼が安定していないうちには収入を得ることができますからオススメです。

ただしどうしても単価の安い依頼も多いですから、ここで経験しながら依頼者を増やしてくことを考えて言った方がいいでしょうね。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。


ココナラで稼ぐには戦略が必要~自分だけの必勝ビジネスモデルの考え方

「ココナラで稼げない」という意見をよく聞きます。ココナラは出品者が100万人を超えていますので、もはや単に出品しているだけや人と同じようにしていてはなかなか稼ぎにくくなっているのは事実です。

例えばわたしの活動しているライディング部門であれば、出品しているライターは約3000人(2019年5月5日現在)。そのうち、安定的に稼ぎだしている人数は1割未満だと考えます。

稼げる人が10人に1人というと、かなり厳しいように思うかもしれませんが、それほど一生懸命頑張っているばかりではありませんので少しばかり他者と差別化を図れば、十分稼ぐ余地は残っています。

差別化と言っても、誰しも思いつかないようなビジネスをするという訳ではありません。あくまで既存のビジネスの中で、特にサービスページをどのように注目させるのか考えていきます。

「タイトル」
「商品内容」
「画像」
「プロフィール」
「価格」

大事なのは、この部分の差別化。「稼げない」という人の中には、この部分がとても単調なものが多いのが事実です。

最初はランキングに入っている人のマネをして(コピペはダメですよ)、反応が出てくれば少しずつ微調整していけばいいのではないかと考えます。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。




ココナラで重要なのは「評価」~1つ1つの評価を大事にする

ココナラで依頼を受けるために重要なのは「評価」だと思っています。

まったく評価のない人には依頼をすることが難しいですから、ココナラに登録して最初の段階では相場よりも安い金額でいくつか仕事を受けた方がいいと考えます。

わたしはライティングだけでサービスをスタートさせましたが、最初は低価格ではじめたこともあって何件かの案件を受けることができました。

さらにその依頼者は気を使って頂いて、かなり詳細なレビューを書いて頂けました。

サービス内容などLPに詳しく記載することはもちろん大事ではありますが、このような評価はそれをも上回る説得力があります。

評価をどのように得るのかは、やはり戦略として持ちあわせておく方がいいでしょう。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。

ココナラで稼ぎ続けるためには「信頼を得る」ことが大事~信頼の第一歩はレスポンスの速さ

わたしはココナラで依頼をしたこともありますので、こちらからの問いかけの対応が人によってまちまちであることを知っています。

土日などを挟むのであればまだしも、何日も返事に時間を要する人に対してはやはり信頼をすることができません。

わたしは平日の日中であれば、できる限り速やかに問い合わせなどに対する返答をするようにしています。これは特に継続して依頼を受ける際には重要なポイントだと感じています。

もちろん休日や夜間なども速やかに返答する必要はありませんが、せめて半日~次の日くらいには返答をするようにしなければならないでしょうね。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。

悩んでいるくらいならココナラに登録して行動してみたほうがいい

ココナラに限らず、いつまでもどのように業務を行うか考えるだけで前に進まない人がいます。

わたしはとりあえずやってみればいいと考えています。

確かに不安な気持ちは分かります。

うまくできなければどうしよう、不具合があった際にはどうしよう、依頼が殺到した際にはどうしよう…。

こんなことは、やりながらでもどんどん微調整できるものですから、進みながら検討していけばいいと思います。

というか、出品すればもう修正は必要ないというものではありませんし、必ずLPの内容や自分自身のサービスは調整が必要になってきます。

わたしも価格、タイトル、サービス内容など、どんどん修正・変更しています。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。

購入者や依頼者になってみて分かることも~ココナラで誰かに業務依頼をしてみよう

わたし自身は記事を外注に出すこともあります。わたしに依頼を受けた記事はわたしが執筆しているのですが、わたしが運営するブログなどでは外注記事がありますし、ブログ作成などで専門的なことを依頼された際にも外注を使うことがあります。

ブログに活用するイラストなどでも依頼したことがあります。

自分自身がサービス提供だけしていると、どうしても購入者の視点が欠けてしまいます。だからもし自分自身に依頼がなく悩んでいるのであれば、ランキング上位の人などにサービスを依頼することもひとつでしょうね。

そこから学ぶことはとても多いです。もっとこうしようというものが見えてきますし、逆にこの部分は自分のウリだと気付くこともあります。

こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。

まとめ~それでも売り上げに繋がらないと悩むなら

ココナラでの売り上げの維持は難しくなっているのは間違いないですが、稼げないということはありません。わたしは月に20万円以上、多いときには40~50万円程度の売り上げを確保できるときもありますから、まだまだ工夫次第で十分に稼ぐことができる市場だと実感しているのです。

細かくはわたしが販売している商材「ココナラで月20万稼いできた9つの方法を教えます PRO認定を受けるために私が行ってきた9つのステップ」にてお伝えしているのですが、地道に自分のサービスを見直していくしかないのかと感じています。

特にこの「9つのステップ」はわたしが日々実践していることばかりですから、「ココナラに出品したのに、ぜんぜん依頼が入らない」という人には実践の書になるはずです。

「9つのステップ」がどのような内容の記事なのかは、こちらの記事に詳しくお伝えしていますのでご覧くださいね。

【退職代行】EXITならスピード退職

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事