Pocket

ブログを始めたものの、
「なかなかアクセスが集まらないんです!」
「まだ1日に10PVほどしかないんです!」
というお悩みを頂きます。

SEOについてアドバイスを求められることが多いのですが、基本的なことが抜けていることがあります。アクセスを集めるために大事な視点は
「悩みに答える」
ということです。

過去記事「ブログ集客するためには「悩みを知る」~ひざの痛みに特化した治療院なら」において、ユーザーがどのような悩みを持っているのか知ることが大事というお話をしました。

アクセスを集めるには、その悩みをもった人たちが興味を持ってくれる「悩みに答えた記事」にすべきなのです。

情報を伝えるだけの記事になっていないか

「肩こり」の悩みを持っている人の記事を作成するとしましょう。

「肩こり」の悩みを持っている人がどのようなキーワードで検索されているかを探ってみると、Googleサジェストではこのようなキーワードが上がってきます。
肩こり解消
肩こりストレッチ
肩こりマッサージ
肩こり頭痛
肩こり原因
肩こり 薬
肩こりツボ
肩こりひどい
肩こり 筋トレ
Googleサジェストについては、過去記事「ブログネタ・集客に「関連キーワード取得ツール」を活用してみよう!」に詳しく書いていますのでご覧ください。

世の中の「肩こり」に悩んでいる人が、どのようなキーワードを用いて検索しているのかがよく分かります。基本的ににはこのキーワードを用いて記事にしていくようにすると間違いはありません。

しかしこれらのキーワードを用いた記事を1つ作成するだけでは、肩こりの悩みに特化した記事にはなっていません。あくまで、肩こりの原因がどのようなもので、どのように解決すべきかという概論だけになってしまいます。もちろんこのような肩こりの概略についての記事も必要でしょう。

もっと深い、本当に肩こりで悩んでいる人に対する記事についても作成するようにしなければなりません。

1人の悩みに答える記事にする

肩こりを持っている人には、どのような悩みがあるのか調べてみましょう。

これについても過去記事「ブログ集客するためには「悩みを知る」~ひざの痛みに特化した治療院なら」に記載していますが、「ヤフー知恵袋」や「教えてGOO」などの「Q&Aサイト」を見るとよく分かります。

肩こりだけでも、
「肩こりで熱が出ることはありますか?」
「肩こりってどんな時に起こりますか?」
「肩こりで歯や腕まで痛いです!」
「肩こりの悩みはどこにいけばいいのですか?」
「肩こりと動悸って関係ありますか?」
などなど、本当に100人いれば100通りの悩みがあることが分かります。これらに1つずつブログで答えていけばいいのです。

このような悩みを持っている人は1人ではないはず。かなり多くの人がおられます。ですので、1人の悩みに答える記事は何百人も何千人も求めている記事になるのです。

肩こりの概略ページと詳細ページをリンクで結んでおく

1ページですべての情報を伝えることはできません。お伝えしたとおり、肩こりにもたくさんの悩みがあって、1人1人に答えていくと、膨大な量になってしまいます。

そのため、概略ページと詳細ページは別にしてリンクで結ぶようにすればいいでしょう。

例えば、肩こりに概略についてのページには、肩こりの原因だけをたくさんピックアップしたページにします。原因については簡単にお伝えしておくといいでしょう。

そして対処法については「対処法を知りたい方にはこちらに詳しくお伝えしております」と別ページにおいて、その原因の対処法を詳しくお伝えするようにします。

これを「内部リンク」と呼びますが、内部リンクを徹底しておくことで、興味を持つページにアクセスが集まるようになります。

つまり内部リンクをしっかりと構築しておくことで、アクセスが集まるようになるのです。

まとめ

アクセスを集めるためには魔法のようなものはなく、常にユーザー目線でコンテンツを増やしていく必要があります。

コンテンツを作成することは大変です。1記事作成するだけでもなれていなければ、ものすごく時間がとられてしまうでしょう。しかしブログ集客はこの地道な作業が一番大切なのです。

最初は数人だったアクセスが10人になり、100人になります。それはあなたの作成したブログの信頼度ともいえます。地道に頑張れば、あなた自身への信頼度が高めることになるのですから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事