Pocket

いのきぶんいちです。

お店や事務所、治療院などを開設されていて、ブログで集客しようとされている人はとても多くおられます。

そんな方から多く相談を受けるのが、どのようにキーワード選定を進めていけば分からないというもの。

どのような内容を執筆していくかはこのキーワード選定が大事になりますが、その方法が分からないからブログが書けないと困っているのです。

ここでは簡単なキーワード選定の方法についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

キーワード選定の基本は「顧客視点」

キーワード選定の基本は、過去記事「ブログ集客に大事な「キーワード選定」を弱者の戦略から捉えてみた」にも書いたので見てほしいのですが、あくまで「顧客視点」で捉えるのが基本です。

例えば「いのき整骨院」という治療院があるとして、「いのき整骨院」というキーワードで検索する人は、それほどいないと思います。

すでに知名度が高ければもちろん検索されるでしょうけど、まずはもっと具体的な「腰痛」「治し方」などで検索されるのではないでしょうか。

あるいは「宇治市 整骨院」「宇治市 腰痛」など、自分自身が住んでいる地域を絡めて検索するのが普通でしょう。

そのように考えてみると、顧客見込みの人が検索するキーワードはたくさんあると思います。「整骨院」を運営されているならば、地域や健康系のキーワードはたくさん考えられると思います。

Googleサジェストがキーワードの基本


例えば「肩こり」というキーワードをGoogle検索に入れてみると、その下に肩こりについて検索する人の多くが検索しているキーワードが出てきます。

この機能のことを「Googleサジェスト機能」と呼ばれています。Googleはどのようなキーワードで検索されるのか、多くの情報をおこのような形で返しているのです。

つまり「肩こり」で検索する人は「ツボ」「薬」「ネックレス」「筋肉」「原因」「マッサージ」「頭痛」などで多く検索されているということです。

これらのキーワードを使ってブログ記事を書くことが、顧客目線で記事を書いているということになるのです。

また実際にGoogleでの検索画面を開いてみると、下部にこのようにサジェスト機能によるものが記載されていることが分かります。


ここには先ほどのキーワードとは違うものが掲載されていますね。「肩こりに効く」「肩こり 原因 解消」「ひどい肩こりの治し方」「首」「肩甲骨」「病気」など新たなワードを拾うことができました。

これらのキーワードを使って記事を書いていくのですが、その前にしておきたい注意点をお伝えしておきましょう。

自分自身で検索してライバルサイトを見てみよう

実際に自分自身で検索してみましょう。ライバルサイトを実際に見てみて、その内容を超えるものをつくれば単純に上位に検索される可能性は高くなるということです。

ただしライバルサイトもかなり詳しい情報をたくさん入れこんでいるところも少なくないと思います。

地域が広ければ、その割合はとても大きくなるでしょう。

例えば「京都 肩こり」とすればかなり多くの強いサイトが検索されますが、「宇治 肩こり」などと少し地域を限定すれば、それだけライバルは少なくなります。

さらに「宇治駅周辺 肩こり」などと地域を限定していくと、実際に運営されている整骨院や鍼灸院、マッサージなどは限られてくることになります。

また先ほどのサジェスト機能を利用して、「宇治 肩こり 解消」「宇治 肩こり マッサージ」などと3語目のキーワードを使ってみるとさらに効果的です。

「限定していくとそれだけ検索機会が減ってしまうのでは?」とおっしゃる方がおられますが、まずは小さいところから一番を取ることを目指すことが大事です。

弱者の戦略と呼ばれるもので、過去記事「マクドナルド「顧客目線」スバル「弱者の戦略」に学んでみよう~個人事業主の経営戦略」も良ければ読んでください。

まずは小さな成功体験を積み上げていくことが大事で、ブログにおいても3語キーワードで1位を獲得することができれば、そこから2語キーワードでも順位を上げることができるように記事を改善していくのです。

まとめ

ブログを見ていると、運営者が勝手気ままに書かれているものがたくさんあります。

日記であればそれでいいでしょうし、知名度があれば読んでくれるでしょう。でもそうでなければ、検索する人の意図をしっかりと掴んでおかねばなりません。

戦略的に行えば、ブログで集客することはそれほど難しいことではありません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事