「手取り14万?お前が終わってんだよ」社会の荒波を乗り越えるためのホリエモンさんの考え方
Pocket

こんにちは、いのきぶんいちです

ホリエモンさんの、言葉が炎上していますよね。

この問題は、とあるチャンネルにある「アラフォーの会社員です。主は手取り14万円です…。都内のメーカー連続12年で役職もついていますが、この給料です…。何も贅沢できない生活、日本終わってますよね?」という投稿に対してホリエモンさんがツイートで反論したのです。

さまざまな意見がありますけど、わたしはホリエモンさんの意見に賛成です。

わたしも過去手取り14万円を経験し、今ではフリーランスとして月70万円ほど稼げるようになったからです。

「手取り14万?お前が終わってんだよ」のホリエモンさんの意図するものは?

このホリエモンさんは、単純にこの投稿に対してディスったのではなく、2つの意図が隠されています。8分程度の動画のなかでこのように述べてます。

1、14万円程度であれば、ネットビジネスで簡単に稼ぐことができる

2、田舎暮らしなど生活の固定費を下げれば14万円程度でも十分な暮らしができる

「手取り14万?お前が終わってんだよ」に隠された2つの意図は上記の通りです。

1、14万円程度であれば、ネットビジネスで簡単に稼ぐことができる

わたしもインターネットビジネスをしていますから、この意見はとてもよく理解できますし納得できます。

先ほどの動画のなかでもいくつかネットビジネスを紹介されていますが、 確かにそれほど難しくないことでも仕事として受注できるものがたくさんあります。

わたしが挙げるとすれば「ブログの設定」です。

ブログを始めたいという人や企業であっても、ブログの設定からお手上げという人は少なくありません。

 ID やパスワードなど設定するだけなのですが、それを依頼したいということもあるのです。

またわたしもすでにやっていますが、WordPress(ワードプレス)を扱えるのであれば、それだけでサイト作成の仕事が受注できます。

セットアップはとても簡単ですし、テーマを入れればすぐにサイトとしての構成はでき上がるのです。

解説したYouTube動画やブログなどもたくさんありますから無料で学ぶこともできます。

このようなことに取り組めば、月14万円程度ならば副業でも問題なく稼ぐことができます。 

2、田舎暮らしなど生活の固定費を下げれば14万円程度でも十分な暮らしができる

これについては実際に田舎暮らしされているイケハヤさんの8分程度の動画が参考になります。

イケハヤさんといえば、相当稼いでいるインフルエンサーですが、生活費はかなり低いようです。

どれだけ田舎であってもネットが使えますので、イケハヤさんのようにネットビジネスをするのであれば何も問題ありません。

この動画でも紹介されていますが、国や自治体から補助金をもらうことができますから、うまく活用するといいですよね。

詳しくは内閣府の「地方創生」のサイトをご覧ください。

手取り14万は終わってるのか?

こうやって見ていくと、日本を終わらせるのは自分次第のような気がします。

お金だけの問題で考えれば、稼ぐことはそれほど難しくなくなってきているからです。

要は稼ぐための情報をしっかりとつかんでおけば、それほど高いスキルではないとしても稼ぐチャンスはいっぱいあるということなんです。

スマホを所有していればそのような情報を得ることはできますし、日々の生活の中でアンテナを張っておけば良いのではないでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事